子供に合った学習塾の学び方!!
個別指導・集団塾のそれぞれのメリットとは?!

子供の為に学校だけでなく学習塾へ通わせる家庭は沢山います。中高学生はもちろん、小学生でも学習塾へ通っている子は多いです。しかし、学習塾選びでは集団指導と個別指導のどちらが良いか悩む方は少なくありません。ここでは、個別指導・集団塾のそれぞれのメリットについてお伝えします。

学習塾へ通う目的やメリットとは?

学習の成績アップに繫がる

学習塾へ通う最大の目的やメリットは、成績アップや志望校合格の為に通う事が一番に挙げられます。学習塾に入会してくる生徒の大半は、これらを目的に通塾している子が殆どです。「塾へ通う意味はあるの?」「結局勉強は一人でするものだし…」など、わざわざ塾に通って学ぶ必要があるのか疑問に感じている人もいるかと思います。ただ単に勉強するだけであれば、自分でもできる事ですが、やはり学びを定着させて力を養っていく為には、学習塾で講師の力を借りて勉強をしていく事も大事な取り組みと言えます。

新しい価値観と出会う

学習塾では、他校の友達と沢山出会う事ができます。同じ学校の仲間だけの出会いと言うのは、実に狭い世界です。他校の友達との出会いによって、今まで自分の周りでは常識だった事が、他校では非常識な場合もあり、また、はその逆もあります。特に、学習面に関しての価値基準は、各学校によって様々に異なります。なので、例えば、自分がクラスの中で学習に対して頑張っている方であっても、他校の友達は自分の倍以上勉強していた事に気付かされると言う事もあるのです。それに、学習塾と言う学びの場では常に色々な年齢の人が塾へ通っています。小学生が毎日自習をしていたり、高校生のとても輝いていたり、他学年の生徒との関わりは、子供自身に多くの刺激をもたらします。

目標達成後のモチベーション維持

例えば、定期テストで目標点を獲得する事ができた、志望校に合ができたなど、それで学習は終わりではありません。次回の定期テストに向けて目標を新しく掲げて、学習を頑張っていく必要があります。また、志望校に合格したとしても、次に控える受験に向けての学習準備をしていく必要があります。自分一人での学習への取り組みは、目標達成してしまう事安心してしまい、勉強を辞めるが多くいます。しかし、学習塾では講師がその後に待っているテストや受験に向け、早い時期から学習意識を付けてくれます。なので、学習に対するモチベーション維持しながら、継続して学びを深めていく事ができます。次の目標を意識させてくてる事は、着実に学力に対して前進する事へも繫がります。

個別指導とは?

個別指導では、学校の通常授業のように複数の生徒に対して授業を行う形式とは異なり、講師1人に対して少数の生徒で授業を行う形式で、学習指導が進められていきます。個別指導は指導塾によって生徒数が異なる為、1名だったり2名だったりする所が多い傾向にあります。中には、講師1名に対して生徒を最大5名まで受け入れている所もあります。集団授業とは違い授業内容も決まっていない事も、個別指導の大きな特徴と言えます。
個別指導の魅力は、指導内容がオーダーメイドな点です。生徒かその保護者の要望に応じ、学習内容を決定し指導していきます。なので、生徒一人一人に合わせた学習の理解度で、講師は学習指導を進めていく事ができます。分からない部分はなんどでも立ち止まりながら反復学習が可能なので、ちゃんと理解してから次の学習へ進めていく事ができます。学力をアップさせていく為には、過去をふり返り学習する事も知識の定着には必要な事で、これは個別学習だからこその良さでもあります。
こうしたマンツーマン塾には、個別指導意外にも家庭教師も類似した学習方法のイメージを抱く人もいるかと思います。庭教師も先生と生徒の1対1の個人指導ですが、学習する場所が大きく異なります。自宅で学習指導が行われる家庭教師では、漫画、テレビ、その他諸々、色々な物があり周りに気が散る可能性もあります。一方、学習塾で行われる個別指導では、学習目的の為に設けられた教室で勉強が行われます。なので、集中して勉強だけに取り組む事ができます。また、開講時間であれば生徒を受け付けているので、時間、期間、授業回数の制約を受けにくい特徴も魅力です。

個別指導に向いている人とは?

学校の授業や家庭学習で気が散る

勉強中に周囲の人と話したり、遊び始めたり、勉強に集中できず違う考え事をしたり、学校の授業や家庭学習できが散ってしまう人もいますよね。そのような場合、個別指導であれば学習に取り組んでいる時は、常に講師が生徒を見ています。なので、勉強モードにしっかり頭や意識を切り替えながら、学習に対する集中力を維持して学びを深めていく事ができます。

周囲から学習の遅れを感じている

集団学習の場合も、生徒一人一人の理解度に合わせてクラス分けされている塾は多いです。しかし、他の生徒がいる中での学習指導では、クラス全体の学力や理解度に合わせて平均的に指導が行われます。なので、もし現在の学習で遅れをとっている場合、しっかり理解していないままに授業だけ進んでしまい、自分一人が取り残されてしまう恐れがあります。その点、個別指導と言うのは学習の理解度に合わせ、生徒一人一人に個別指導し学習を進めるので、学習に対する心配や不安を解消する事ができます。

集団塾とは?

集団指導塾には、大手企業経営塾と個人経営塾の2タイプの学習塾があります。大手の集団指導塾では、特に授業内容に関して受験に即した内容が強みになっています。なので、入試から逆算した年間カリキュラムが組まれており、授業もハイレベルで、カリキュラムに沿って授業進行しています。各専門講師が各科目を担当しているので、自ら授業の予習・復習を行ったり、積極的に講師へ分からない所を質問していったり、そのような学習姿勢が大切でもあります。一方、個人経営塾では、授業内容が主に中間・期末テストなど、定期テスト対策向けの内容になっている事が多いです。なので、塾での授業内容に関しては、学校の授業よりも少し先を進んでいるイメージなので、大手の集団指導塾の授業難易度や進行ペースとは違います。また、集団指導ではありますが生徒一人一人への学習フォローが手厚い事が挙げられ、それは個人の集団指導塾ならではのメリットです。

集団塾に向いている人とは?

学校の授業についていけている

ハイレベルな難関校を目指している場合、優秀な他の友達を意識しながら、ライバルとして競い合い切磋琢磨できる学習環境の方が、効率良く子供の学力を引き上げる事ができます。なので、特に優秀なお子様の場合であれば、個別指導よりも集団指導の方が学力アップには向いています。

難関校の受験を目指す

難関校の受験と言うのは、一般的に見ても大変にハイレベルな学習内容を学んでいかなければなりません。また、中学受験は高校受験よりも厳しいと言われているので、そういった現実の中で難関中学を目指すとなると、厳しい競争に勝ち抜いていく為の学力を付ける必要があります。このように、難関校を目指しているお子様の場合であれば、多くのライバルがいる集団塾の中で競争意識を高める事をオススメします。

まとめ

学習塾に通う目的は、もちろん、子供の成績アップや志望校合格ですよね。ここでお伝えしたように、学習塾には通うメリットが沢山あります。学習塾の講師によるサポートを借りる事で、学習・学力のパフォーマンスを上げる事ができます。個々人によって、個別指導・集団塾に対する考え方や捉え方は違います。また、子供にとっての適切な環境も異なります。なので、双方のそれぞれのメリットを考慮しながら、最適な学習方法で学力アップに繋げていきましょう。